フクオカケンコウレイシャフクシセイカツキョウドウクミアイ(フクシセイキョウ)

福岡県高齢者福祉生活協同組合(ふくし生協)

LAST UPDATE:2016.02.09

ふくし生協は、地域に根ざした福祉の生活協同組合です


住み慣れた街でいきいきと安心して暮らせる介護を目指して
住み慣れた街でいきいきと安心して暮らせる介護を目指して
ふくし生協キャラクター 「ささえさんと仲間たち」
ふくし生協キャラクター 「ささえさんと仲間たち」

認知症になっても障がいがあっても、住み慣れた地域でその人らしく、暮らし続けられる24時間365日の介護を目指しています

事業内容  高齢者介護を中心に障害者や児童の福祉を主たる事業としています。通所介護、訪問介護、グループホーム等の介護保険事業、障がい者総合支援事業、組合員の住まい・生活支援事業、給配食事業、学童保育事業、組合員による助け合いゆいサポート事業、終活支援事業他
 地域から求められるニーズに応えるために、組合員みんなで話し合いの場を持ちながら運営を行っています。生活協同組合は非営利の組織です。
設立 1999年5月

資本金 14億2,000万円

従業員数 730名 (男性160名  女性570名)

売上高 単体 14億2,000万円  (2015年3月実績)

代表者 理事長 宮田 育郎
本社 〒812-0025
福岡市博多区店屋町3−23 サカタビル2F
事業所所在地 福岡市博多区、東区、西区、城南区、南区
北九州市小倉南区、八幡東区、八幡西区
行橋市、水巻町、福津市、宗像市、粕屋町、
須恵町、飯塚市、久留米市、嘉麻市、直方市
ホームページ http://fukushiseikyou.jp/

採用情報

現在、採用情報は登録されていません。

我が社の「プロ」から学生の皆さんへ!

我が社の「プロ」から学生の皆さんへ!
専務理事
稲月 秀雄

 私たちが求めるのは“誇りをもって働きたい”と願う人材です。福祉の現場は、市場と処遇のバランスが悪く、常に人手不足です。なぜ、そうなっているのか?私たちは、その「?」を共に学習し、理解を深め合うことによって、福祉労働の価値を高めていきます


 高齢者・障がい者や、そのご家族と接する中での「ありがとう」が励みになる仕事とよく言われます。しかし、福祉労働の価値を高めるためには、様々な制度理解が不可欠です。私たちと共に学び合い、“福祉の現場”や“地域の中”で、頼られる存在をめざしませんか?あなたの勇気ある一歩をお待ちしています。

ひと足先に就職した先輩に聞く!

ひと足先に就職した先輩に聞く!
けいちく事業所 副所長 
鬼松 一生 入社6年目 29歳

 以前はスポーツ関係で全く別の仕事についていました。介護の知識も経験もない状態からスタートして現場で働き始め、働きながら勉強し、資格も取得しました。現在は介護現場でご利用者さんと関わりながら、事業所の運営に関する仕事も任されています。


 働いている事業所のご利用者は、認知症の方がほとんどで、その中で自分の名前を覚えてもらったり、顔を覚えてもらったりしたときが一番嬉しいですね。そしてご利用者からの「ありがとう」の言葉です。その方の人生に深くかかわることを目指しています。

我が社を楽しむ知っ得ポイント!

 全事業所が集まり、地域の方々と交流を深める「ふくし生協フェスタ」を毎年開催しています。模擬店やバザー、ステージイベント等で盛り上がります。各事業所でも地域交流を進めています。
 震災復興支援の一環として、宮城福島の被災地を訪問しています。(2015年度16名参加)
地域との交流も盛んに行っています
地域との交流も盛んに行っています
「震災復興支援ツアー」  復興支援にも取り組んでいます
「震災復興支援ツアー」 復興支援にも取り組んでいます