スガハラゾウエンケンセツ

菅原造園建設株式会社

LAST UPDATE:2016.02.25

造園業、携わり続けて70年!都市緑化に貢献します!


事務所外観 緑の多い職場です。
事務所外観 緑の多い職場です。
施工例 地球の道(八幡東区)
施工例 地球の道(八幡東区)

昭和20年の創業から現在まで、受け継いできた歴史があります。公園の整備や街路樹の剪定、個人宅の樹木の管理まで、都市の緑化に関わる仕事をしています。

事業内容 公園整備工事・土木工事等の公共工事
剪定・消毒・草刈等の植物管理
カーポート・フェンス等の外溝工事
樹木・庭石・花き等の生産・販売
設立 1979年7月

資本金 2,000万円

従業員数 8名 (男性5名  女性3名)

売上高 単体 1億2,805万円  (2015年6月実績)

代表者 代表取締役 菅原 猛
本社 〒804-0094
北九州市戸畑区天神二丁目2番21号
事業所所在地 北九州市戸畑区
ホームページ

採用情報

現在、採用情報は登録されていません。

我が社の「プロ」から学生の皆さんへ!

我が社の「プロ」から学生の皆さんへ!
代表取締役
菅原 猛

造園という業種は、庭木や街路樹を管理したり、公園をつくったり、都市部において植物を扱う数少ない仕事です。それはつまり、「都市と自然の共生」の最前線。人間の暮らしと自然環境の間に立ってバランスをとる、意義のある仕事です。


昨今、環境の時代はますます加速しており、同時に我々が社会的に果たす役割も大きくなっています。その中で何ができるか。まずはとにかく始めてみること。この仕事には長く続けられる奥深さ・面白さがあります。仕事を通じて色々な経験を積めば、それがいつか必ず花開き、実になる日が来ます。

ひと足先に就職した先輩に聞く!

ひと足先に就職した先輩に聞く!
造園工 
小屋野 翔 入社3年目 25歳

 今回は、会社の近くにある「夜宮公園」の各所に存在するハナショウブ畑の管理業務を担当しました。6月に行われるハナショウブ祭りで満開の花畑を披露できるよう年間を通して管理する仕事です。除草に始まり、夏の暑い時期には灌水作業、花が終わると株分け作業、適宜施肥を散布したり、ハナショウブの状況を確認しながら、まめに手入れを行っていきます。ハナショウブが活き活きと育つ姿のそばで、市民の皆様の楽しそうな笑顔を見ると嬉しいです。


 そのほかにも、公園の整備工事を施工し、完成して公園を解放した時に、待ってましたとばかりに子供たちが遊んでいる風景を見たとき、月日をかけて完成させたものを利用して頂けることは、達成感もありとても喜ばしく感じます。それと、外での作業が基本なので、夏はとても暑く、冬は寒い中での作業は厳しく感じる時もありますが、身近で鳥を見たり、春に花が次々と咲く姿や、夏の雲の綺麗さなど、日本の四季の素晴らしさを肌で感じながら、樹木の生育に関わっていくことが面白く、自分の植えた木がこれから何十年と育っていくのが楽しみですね。

我が社を楽しむ知っ得ポイント!

我が社にはいろいろな作業車がありますが、ちょっと珍しいカラーリングをしています。街中で見かければすぐわかりますよ(笑)
各種講習に参加することで、作業に必要な様々な資格を取得することができます。資格に応じてできることが増えたり、扱える機械が増えたり。いつかウチの秘密兵器を操作する日が来るかも・・・。
独特のカラーリング
独特のカラーリング
たま〜に使う秘密兵器
たま〜に使う秘密兵器